資格を獲得するために

>

難しいイメージがある

働いて得た収入に発生する

たくさん働いて稼ぐことができても、全てが自分のものになるわけではありません。
いくらかは税金に徴収されます。
その時に発生する税金を、所得税と呼んでいます。
税理士は所得税に関する相談を受けることも多いので、きちんと勉強しなければいけません。
試験科目にもなっています。
学生の頃は、あまり所得税は関係ないので勉強して初めて内容を理解する人が多いです。

難しいと思っている人もいますが、計算してみると意外とできるかもしれません。
まずはどのくらいの税金が、どんな時に発生するのか理解することが大事です。
そこがわかっていないと、どんな問題でも解けません。
自分はできると、前向きな気持ちを持って勉強に臨むことをおすすめします。

法人に関係ある税金

企業が事業を通じて得た収入にも、税金が発生すると覚えておきましょう。
それが法人税と言われるもので、試験の科目に含まれています。
試験を受ける時は法人税か、所得税か選んでください。
法人税は全くなじみがないので、所得税を選択する人が多いと言われています。
合格率も所得税の方が高く、自信がない人はこちらを選択した方が良いでしょう。

消費税や会計科目に自信があったら、所得税の勉強をたくさんすると良いですね。
自信がある科目は、少し復習するぐらいでも良いでしょう。
満遍なく勉強することも大事ですが、自分の苦手分野をしっかり理解して克服することも需要です。
苦手をなくせると、スムーズに試験に合格できるので税理士になれます。


TOPへ戻る