資格を獲得するために

>

消費税や酒税法を学ぶ

人気がある科目を知ろう

たくさんの人が受験しているのは、消費税や酒税法の科目です。
単純に簡単なので、人気があります。
皆さんも買い物をする時に消費税を支払いますし、アルコール類を買ったときに税金は発生することは知っていると思います。
ですから勉強する時も知っていることを改めて学ぶ場面が多く、スムーズに知識を養えると言われています。

税理士の試験に合格するためには、得意科目を選択することが大事です。
試験を受けるために、料金を支払います。
何回でも受験することはできますが、そのたびに料金が発生することは忘れないでください。
不合格に何回もなると、費用の無駄になってしまいます。
ですから、1回で合格できるように科目を選択してください。

どちらかしか選べない

消費税や酒税法など、簡単な科目を受験したいと考えている人が多いでしょう。
しかし、その二つは両方を選択することができません。
どちらか1つを選択すると決まっています。
ですから、より得意な方を見つけてください。
最初からイメージだけで、こっちにすると決めてはいけません。
消費税の方が簡単だと思ったけれど、実際は酒税法の方が理解できているかもしれません。

参考書を読んで内容を大体把握することで、得意分野がわかるでしょう。
早めに、どちらにするか決めてください。
ギリギリになって、やっぱりこっちにすると決めると勉強する時間が足りなくなってしまいますし、これまで勉強した時間が無駄になります。
簡単な科目でも、合格できないかもしれません。


TOPへ戻る