税理士試験の科目の種類と内容

資格を獲得するために

Link

何を勉強すればいいのか

計算問題が、会計科目で出題されます。 基本的な計算方法がわかっていれば、それほど難しくは感じないでしょう。 効率良く勉強するなら、通信講座などを利用するのが良い方法です。 するとポイントになる部分をメインに勉強できるので、計算式を早く覚えることができるでしょう。

消費税や酒税法を学ぶ

みなさんの中で、最も身近な税と言えば消費税でしょう。 税理士の試験には、消費税という科目もあります。 親しみのある税なので、特に勉強しなくても内容を理解できている人も見られます。 簡単に試験をクリアできるでしょう。 酒税法も、比較的簡単な科目だと言われています。

会計科目について学ぶ

まず、税理士の試験は会計科目と税法科目があります。
会計科目は2つあって、どちらも受験しなければいけません。
計算すれば答えが出るので、暗記系の税法科目よりは簡単だと言われています。
たくさん計算問題を練習して、問題に慣れておきましょう。
会計科目は、簿記論と財務諸表論になります。
通信教育などでも、税理士の勉強をすることができます。
すると問題集を用意されるので、それを解くことが勉強になります。
独学よりも効率が良いでしょう。

税法科目は、消費税や酒税法などがあります。
その2つは、みなさんも知っているように非常に身近な税になります。
ですから内容が非常にシンプルですし、問題集を見ても自然に理解できていることが問題に出されることが多いです。
比較的難しいと感じずに、勉強できるでしょう。
ただ、どちらも受験することはできません。
消費税か酒税法か選ばなければいけないので、一通り勉強してより得意な方を選択してください。

所得税と法人税という科目もあります。
こちらも、どちらか選択しなければいけません。
全体の合格率を見ると、所得税の方が高いと言われています。
どちらにも自信がなかったら、所得税を選択することをおすすめします。
所得税は、働いて得るお金に発生する税のことを学びます。
法人税は、法人が事業活動を経て得た収入に発生する税です。
所得税と比べて少し複雑そうですが、実は世間で言われているほど難しくないので積極的に勉強しましょう。

難しいイメージがある

所得税と法人税という科目もあり、それもどちらか片方を選択します。 消費税のように身近な税ではないので、難しいと思っている人がいるでしょう。 世間的には、法人税の方が難しいと言われています。 しかし難しいからといって、最初から敬遠しないでください。

TOPへ戻る